無料ブログはココログ

お気に入り

最近のトラックバック

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005年6月28日 (火)

エンジン最終回

ありえねー
F3でタイヤ交換は演出ということでまあ許す。
ゴール直前でリアウイングが飛ぶというのは絶対に無いともいえない。
でも手押しでゴールはありえないでしょう。サポートレースであんなことしたら、次の進行が妨げられる。
マッチが出たのは良かったです。

2005年6月21日 (火)

アメリカGP

生放送は起きていられなくて、録画してみました。ミシュランの動向は気になっていたんだけど。

FIAはレギュレーションを守るという立場では正しい判断だったと思います。またフェラーリもブリジストンには何も問題ないのでシケインに反対という意見ももっともです。ただお金を払って見に来ている観客は納得できなかったでしょう。
今年のタイヤとエンジンのレギュレーションは最悪だと思います。スリック復活、制限つきタイヤ交換可、1エンジン1レースを望みます。

でも激しいバトルが無ければ、ジョーダン、ミナルディも全車完走出来るんですね。唯一の収穫でした。

2005年6月16日 (木)

カナダGP

フェラーリは何とか2,3フィニッシュ出来、少し復調の兆しが見えたか?
それに引き換えBARはスタートで出遅れたり、再出走した琢磨のブレーキが燃えたりして・・・
モントーヤの失格はお粗末でした
ライコネンは前回の雪辱を果たせてよかったですね。

生中継だったので途中で寝てしまい、録画したのを全部見終わるまで時間がかかってしまいました。次回のインディアナポリスも同じ感じになってしまうでしょう。昨年琢磨3位でしたが、今年はあまり期待しないほうが良いかな^^;

2005年6月 7日 (火)

フォーミュラニッポン富士

DSC_0042 フォーミュラニッポンを見に新生富士スピードウェイに行ってきました。
1年ちょっと休んだだけでグランドスタンド、ピット、コース、コース周辺通路などすべての工事を行ってしまうとは、さすがトヨタの資本だと感心してしまいました。
レースの方は30周で土砂降りになり、ストレートでもハイドロプレーンによりまっすぐ走れなくなるという事態に赤旗中断となりました。以前の富士ならばコース上に川が出来再開できなかったでしょうが、しばらく中断の後再開しました。ドライの直線スピードとレインコンディションの面白さが楽しめて良かったです。
レースクィーンはピットウォークで撮影しましたが、チーム数が少なく人が集中してしまって、目線をもらうのが大変でした。せめて10チーム20台位参戦してほしいです。NOVA、ムーンクラフト等技術力のあるチームが出てくれると選手権が盛り上がるんじゃないでしょうか?

さいたまから富士スピードウェイまで早朝なら2時間で着くということがわかったので、今後通ってしまうかもしれません。帰りは3時間半以上かかりましたが・・・

2005年6月 4日 (土)

Zガンダム

Zガンダム 星を継ぐ者 見てきました
新宿に行ったのですが、立ち見が出るほどの混雑でした。正直こんなに人気があるとは思っていませんでした。早めに並んで良かった(^^♪
再編集の部分は無理矢理感がありましたが、終盤は新作カットが多く戦闘シーンもスピード感があり良かったです。声優陣はやはり年をとっていて、クワトロはデュランダル議長のようだったし、レコア、エマ、カミーユは妙に落ち着いちゃってます。ハヤト、カツ、アポリーの声は違和感がありました。
ジェリドのへたれっぷりが増してて笑えます。カミーユはウォン・リーに修正されるシーンが無かったり、クワトロがシャアとわかっても殴りかからなかったりして主人公として受け入れやすくなっています。それに引き換えシン・アスカは視聴者に嫌われるように描いているとしか見えない(ーー;)
MKIIクリアバージョンが売り切れて買えなかったのが残念でした。松戸バンダイミュージアムで売ってないかな?
10月公開の”Zガンダム2 恋人たち”も見に行きたいと思います。

2005年6月 1日 (水)

スカパー復活

ヨーロッパGPからスカパーでF1中継を見られるようになりました。
1ヶ月以上続いていた外壁塗装工事用の足場が外され、経度方向にずれてしまったアンテナを修正してやっと復活です。スカパー110なのでBSデジタルも同じアンテナですが、経度方向はかなり微妙で少しずれただけで受信強度が0になってしまいました。ともあれ見れるようになってめでたしめでたしです。

今宮さん川井ちゃんのコメントは的確で良いです。ここ数年地上波を見ていてつまらなく感じていたのはこの2人が居ないせいですね。
ルマン24の中継もESPNでやるらしいのでこれから楽しみです。

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »