無料ブログはココログ

お気に入り

最近のトラックバック

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月29日 (土)

脱退?卒業?

モータースポーツの話題じゃありませんが・・・

紺野、小川の突然の卒業(脱退?)発表は何か裏が有りそうな気がする。もう高校は卒業してる年齢になってから学業専念というのは何か変。服飾関係の勉強をしたいと言って辞めたメンバーに通じるものを感じる。語学留学というのもとってつけたような理由で不自然。

まあ2人ともそれぞれの目標をちゃんと実現してくれれば、それはそれで褒めてあげたいと思いますが。

2006年4月24日 (月)

サンマリノGP

フェラーリ シューマッハが久々にやってくれました。
予選からセナの記録を上回るポールポジションを取り、序盤は独走態勢になるかと思えました。しかし第2スティントではあわやアロンソに抜かれるという場面になりましたが、ピット戦略で取り戻し、最後までトップを死守しました。
前戦までのダメダメモードがうそみたいです。まあ地元イモラの地の利もあったのかもしれません。ルノーもけして悪かったわけではないので、次戦ヨーロッパGPに続けられるかどうかが見ものです。

ホンダは予選で2,3位でしたが期待はずれでした。ピットワークがひどすぎです。中嶋さんでも総監督に入れて、気合入れてもらった方が良いのではないでしょうか?PIAAナカジマのピットワークは早いので。

スーパーアグリ2台ともリタイアでした。佐藤は何時リタイアしたのか分かりませんでした。井出はペナルティー受けないのかな?ところで速水もこみちの寝起きの顔が井出に見えてしまうのですが・・・速水いまいち

INDY JAPAN 300

INDY JAPAN 300mileに行って来ました

今回は第2ターンの自由席で見ました。観戦ポイントとしてはホームストレートより好きなんですが、ヘリオ・カストロネベスの金網のぼりを間近で見れなかったのがちょっと残念です。

Dsc_0030

国内レースじゃないんで、キャンギャルはブリジストンステージでしか撮れませんでした。

Dsc_0061

2006年4月 2日 (日)

オーストラリアGP

波乱のレースというか車壊れすぎ
そんな荒れたレースでもトラブルに巻き込まれず、最初のスタートだけは前に出られなかったけれど、1回目のリスタート以降はずっとトップを守ったルノー・アロンソは流石です。フィジケラも最初はトラブルでピットスタートとなりましたが、その後は入賞まで持ってきてルノーの底力を感じます。
それに引き換えホンダ・バトンはポールポジションからズルズル落ちるだけで最後はエンジンブローとまったく良いところが無かったです。
マクラーレン・ライコネンは2位となりましたが際立って良いところは無かった気がします。それは3位になったトヨタ・ラルフにも同じことが言えます。
フェラーリ・シューマッハはだんだん良くなってきていたのですが、不運とも言えるリタイヤをしてしまいました。セカンドドライバーのマッサがもうちょっとサポートできれば変わってくるのかもしれません。
そんなリタイヤ続出のレースでしたが、意外にもスーパーアグリは2台とも完走しました。琢磨には他のチームから声がかかってもいいんじゃないでしょうか?

次は今シーズン初のヨーロッパラウンド、サンマリノGPです。地元フェラーリがどれだけ巻返してくるでしょうか?ブリジストンもそろそろ1勝して欲しいです。

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »