無料ブログはココログ

お気に入り

最近のトラックバック

« 原木しいたけ4/15 | トップページ | 日本GPチケット当選 »

2007年4月16日 (月)

バーレーンGP

マッサが前戦の雪辱を果たし優勝でした。スタートでうまく前に出られればフェラーリのマシンにはアドバンテージがあることが分かりました。

脅威の新人ハミルトンがデビュー3戦連続で表彰台に上がりました。これは史上初の記録ですが、これまで新人がいきなりトップチームで車も良い仕上がりという状態に置かれた事があるかどうか・・・でもその環境を得たことも才能でしょうか?

スーパーアグリは予選は琢磨がQ1脱落、決勝は2台エンジンブローでした。予選は中位グループが混戦なので実力相応だと思います。決勝でエンジンが壊れたのはホンダエンジンの実力なのか、SA07のクーリングなどによる原因なのかはバトンがスタートでリタイアしてしまったので分かりません。

レッドブルのデビット・クルザードが何回もオーバーテイクを見せていたのにリタイアしてしまったのは残念でした。

次戦はスペインGPで1ヶ月ほど空きます。各チーム開発を進めてくるでしょうからどんな展開になるのか楽しみです。とりあえず今度のF1GPニュースが楽しみです。(川井ちゃんがタイヤ識別マークに対しどんな影響を与えたのとか)

« 原木しいたけ4/15 | トップページ | 日本GPチケット当選 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107347/14696430

この記事へのトラックバック一覧です: バーレーンGP:

« 原木しいたけ4/15 | トップページ | 日本GPチケット当選 »