無料ブログはココログ

お気に入り

最近のトラックバック

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月29日 (木)

モナコGP

雨で荒れたレースでしたが見ていて面白かったです。ストリートサーキットで絶対的スピードが遅いからでしょうが、昨年の富士のウェットレースとは比べ物にならないくらい良かったです。

ハミルトンは最初失敗したかに思えましたが、全てがうまく行き運も味方につけたようです。

ディフェンディングチャンピオンであるライコネンにはまったく良いところがありませんでした。スーティルにぶつかったのはアクシデントでしょうがないと思いますが、やられた方はかわいそうです。

つぎも波乱のおきやすいカナダGPです。夜遅いので生では見れないかもしれません。

2008年5月17日 (土)

ホリデー・パス

5/11(日)にホリデーパスを使って首都圏JR乗りつぶしをしてきました。
Dsc_1045 自動券売機で購入可能です

8時過ぎに柏駅を出発し、ほぼ有効区間の外周を攻めてきました。細かい時刻は省きます。初乗車区間は赤字で示します。

常磐線各駅停車   柏 - 新松戸

武蔵野線       新松戸 - 武蔵浦和 205系 (越谷レイクタウン駅開業後は初乗車)

埼京線、川越線  武蔵浦和 - 大宮 - 川越 205系

川越線、八高線  川越 - 高麗川(しばらく停車) - 拝島 205系 (川越-高麗川間は1990年頃1度乗った記憶あり)

青梅線       拝島 - 青梅 E233系
青梅の鉄道公園に行こうかと思いましたが、雨が降り寒いので止めて青梅線乗りつぶしにしました。
青梅線       青梅 - 奥多摩 E233系
Dsc_1039 Dsc_1037右の工場ではかつて貨物輸送が行われていたのでしょうか?
Dsc_1038山奥の駅に最新の車両が乗り入れている姿は何か変な感じです。他には201系改造四季彩が走っていました。

青梅線       奥多摩 - 青梅 E233系
青梅線       青梅  - 拝島 E233系
拝島で昼食をとりました。コンコース内に吉野家があったので入ったのですが、牛以外のメニューがありませんでした。本当は豚しょうが焼きなどを食べたかったのですが、仕方なく牛丼並み盛半熟卵を数年ぶりに吉野家で注文しました。

八高線       拝島 - 八王子 205系   

横浜線       八王子 - 橋本 205系

相模線       橋本 - 茅ヶ崎 205系(この路線の205系のフロントマスクは今まで見たことの無い形でした)

東海道本線    茅ヶ崎 - 東京 E231系

総武線、成田線  東京 - 成田 - 成田空港 E217系
Dsc_1044成田空港駅で交換で出発する成田エクスプレス。
成田線       成田空港 - 成田 E217系

成田線       成田 - 我孫子 E231系

常磐線       我孫子 - 柏 E531系

以上今回の行程です
この区間では205系(ドア開閉ボタン改造)が活躍していました。
さすがに首都圏なので乗り換え待ち時間も多くて20分程度で済みました。ただ高麗川で15分くらい停車していたのは特に交換列車も無かったのに不自然でした。

またこの切符で今回乗っていない区間を制覇したいと思います。



     

2008年5月12日 (月)

トルコGP

マッサが3年連続トルコGP優勝という結果でした。ブラジル人だから左回りのサーキットが得意なのでしょうか?シーズン前にTCS等禁止で苦しんでいた彼が優勝するとは驚きです。

出走台数が20台になり、平均レベルが上がったので予選Q1から厳しい戦いになっていました。中段グループだらけで下位はフォースインディアだけという感じなので若干面白みにかけます。F1はワンメイクではないのですから、個性のあるチームがいろいろ参戦するのが良いと思います。

コバライネンは前回の事故で何も怪我が無くてよかったですね。

2008年5月 7日 (水)

残念!スーパーアグリ

ご存知の通りスーパーアグリチームがF1からの撤退を表明しました。

ただまあここまで参戦できたのも奇跡のようなものだったので、しょうがないかもしれません。カスタマーシャーシ解禁が白紙に戻ったのが一番痛いと思います。同じプライベートチームであるウィリアムズ、スパイカー(現フォースインディア)が解禁に反対していましたが、今後彼らが自分自身の首を絞めるのではないかと思います。トロロッソも加えてこの3チームは近い将来消えてしまうかもしれません。そうなるとF1自体の人気もどうなることか・・・。

もともと今年の日本GP(富士)に行く気はありませんでしたが、これでまた行きたい理由が一つ消えました。

2008年5月 6日 (火)

ろく丸(椎茸)初収穫

1年4ヶ月前に植菌したシイタケ(ろく丸)が初めて取れました。

Dsc_1036

これまで栽培していたにく丸は植菌したその秋から少しずつ発生していたのですが、このろく丸は今まで出ませんでした。
森産業の説明 によると植菌の翌春から発生するということなのでこれから続けて生えてくるのではないかと思います。一応発生を促すためにホダ木に衝撃を与えてみました。どうなりますでしょうか。

2008年5月 5日 (月)

本伏せ 2008

暖かくなったので冬に植菌したホダ木を本伏せに移しました。

Dsc_1023 順調にシイタケ菌が蔓延しています。白いのが菌糸です。

Dsc_1025 ゴムたけというきのこも生えてしまっていますが、これが発生するということは菌糸の発育条件が整っているということでしょう。

Dsc_1027ホダ木を置く場所が無くなってしまったので、2005年から使用しているホダ木をどかしてそこに置きました。(古いものからはあまりしいたけは発生しなくなっていました。)

Dsc_1029Dsc_1030なめこも本伏せにしました。藁をかけて遮光ネットで覆います。

Dsc_1033ひらたけは夏ごろまで仮伏せを続けます。   

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »