無料ブログはココログ

お気に入り

最近のトラックバック

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月28日 (日)

シンガポールGP

アロンソは流石にやりますね
予選Q2でノックアウトしたときには、フリー走行Q1と好調なのにもったいないと思いましたが、結果的にはぶっちぎりと言って良い優勝でした。

フェラーリはまたやってしまいました。なぜロリポップに戻さないのでしょう。その後はマッサのモチベーションが完全に途切れてしまったようでした。ライコネンはもうF1自体に対してのモチベーションが無くなった様に見えます。
ハミルトンは特に目立ったところはありませんでしたが、無難にまとめたと思います。

2位に入ったロズベルクなどセーフティーカー時のピット戦略をうまくやったチームが良い成績をおさめたようです。

初めてのコース、初めてのナイトレースでドライバー、チームは大変だったと思いますが、見る方は楽しめました。

チャンピオンシップはハミルトン、マクラーレンが断然有利になりましたが、また今シーズン初勝利のドライバーが出たことは残りのレースでも意外な展開が起こることを予感させます。

次は日本GPですが昨年地獄を経験して懲りたので今年は行きません。TVで落ち着いて楽しみたいと思います。(また雨だとTVでも楽しめませんが)

00ガンダム

Dsc_1296_2 放送開始前に発売されたHG 00ガンダムです。

エクシアのほうがバランスは良いと思います。虎の子のオリジナルGNドライブを本体から離れた所に配置するのはどうなんでしょうか?このGNドライブを奪取する作戦という演出があるかもしれません。

この記事はキッズステーションの00一挙放送を見ながら書いています。

2008年9月24日 (水)

ホリデーパス 鶴見線など

9・23秋分の日にホリデー・パスを使って東京近郊乗りつぶしをしました

細かい時刻は省きます
初乗車区間は青字で示します

柏 - (常磐線) - 我孫子 - (成田線) - 成田 E231系
成田付近で成田新線の建設進行状況が見られました

成田 - (成田線) - 佐倉 113系

佐倉 - (総武本線) - 成東 113系 

成東 - (東金線) - 大網 - (外房線) - 蘇我 113系
外房線区間は子供の頃鴨川に行くときに乗ったことがあると思います。(全然覚えていない)

蘇我 - (京葉線) - 東京 201系
蘇我-海浜幕張間は初乗車でした

東京 - (横須賀線) - 久里浜 E217系
鎌倉以南は初乗車

久里浜 - (横須賀線) - 大船 E217系

大船 - (根岸線) - 横浜 - (京浜東北線) - 鶴見 E233系
京浜東北・根岸線のE233系には初めて乗りました

鶴見 - (鶴見線) - 扇町 205系
Dsc_1287_2Dsc_1288鶴見線は鶴見駅以外全て無人駅です。

扇町 - (鶴見線) - 安善 205系
Dsc_1289横浜市内とは思えない渋い駅舎です

安善 - (鶴見線大川支線) - 大川 205系
Dsc_1292休日には朝2本、夕1本しか電車が来ないので乗りつぶしはやりにくいです。

大川 - (鶴見線) - 浅野 205系
Dsc_1293

浅野 - (鶴見線海芝浦支線) - 海芝浦 205系
Dsc_1294駅の外には出られないので有名な海芝浦駅です。ホーム下に海が広がっており、テツであり釣り馬鹿でもあるせんせーは釣り糸を垂らしたくなりました。

海芝浦 - (鶴見線海芝浦支線) - 浅野 205系

浅野 - (鶴見線) - 浜川崎 205系
Dsc_1295浜川崎は鶴見線と南部支線でホームが離れています。

浜川崎 - (南部支線) - 尻手 205系

尻手 - (南武線) - 川崎 205系

川崎 - (京浜東北線) - 上野 209系

上野 - (常磐線) - 柏 E531系

今回は千葉方面で都心では乗りにくくなった国鉄電車113系と201系に乗ることが出来ました。どちらも余命は長くないと思いますが、まだまだ頑張っています。

鶴見線、南部支線の205系は短編成化のため、中間車両に運転台を設置する改造をしています。 特に南武線は2両編成のためクモハ205とクモハ204というオリジナルには無かった型式になっていて面白いです。

この日は秋分の日で休日だったのですが、鶴見線と南部支線では仕事帰りの人達が結構乗っていました。ご苦労様でございます。そういえば私も工場勤めしていたときは、飛び石連休の祝日は出勤のときが多かったような気がします。

ホリデーパスで乗れる範囲で残ったところはかなり少なくなってきました。あと1,2回で制覇して、その後の乗りつぶしの展開を考えたいと思います。

2008年9月15日 (月)

イタリアGP

まさかまさかのベッテル優勝でした

予選で雨の影響もありポールポジションとなったベッテルですが、こういう時はだいたい決勝スタートでトップチーム先に行かれるのがパターンです。しかしこのイタリアGPはセーフティーカースタートということもあり、うまくトップと視界も確保しリードを広げました。その後も終始危なげなくトップをキープし驚きの初優勝となりました。
雨による運も多少ありましたが、この結果は完全にベッテルとチームの努力の結果でしょう。チームメイトのブルデーはスタートのトラブルがなければと思うと残念でした。

コバライネンが2位に入りましたが、チャンピオンシップを争う人たちはこのレースでは良いところが見られませんでした。

次は初めてのナイトレース、シンガポールGPで、また不確定な要素がありトップチームが普通に勝てるという状況ではないかもしれません。どのような展開になるのか予選から目が離せません。

2008年9月14日 (日)

9/13鹿島

9/13(土)鹿島港公園に夜釣りに行きましたが全然だめでした。
3連休なので人は沢山いましたが、魚は居なかったようです。

15時頃から21時まで粘りましたが、釣果はサバ1匹でした。
その他はヒトデとカニ(指を挟まれた拍子に逃げられてしまいました)だけです。

周りでもサバとフグがほんの少ししか釣れていませんでした。

近いうちにリベンジしようと思います

2008年9月 8日 (月)

ベルギーGP

ハミルトンが優勝だと思って寝たらいつの間にかマッサの優勝に変わっていました。ハミルトンは不運ですが、これも雨の影響だと考えるとライコネンをはじめ全員に起こったアクシデントですのでしょうがないでしょう。
しかしこれでチャンピオンシップはライコネンはもう脱落したとしても、ハミルトンとマッサが2ポイント差と最後まで分からなくなってきました。
次はフェラーリの地元イタリアGP連戦です。フェラーリがチームプレーを行うかどうか見ものです。

2008年9月 5日 (金)

はやぶさ乗車 その2

あっという間に関門トンネルをくぐり、EF81は下関駅で切り離されました。
Dsc_1250EF81なら東京まで行ける気がしますが、関門トンネル用なのでそうも行かないのでしょう。

そして東京駅までお世話になるEF66が連結されました。
Dsc_1251 Dsc_1253

50分以上遅れていたので下関を発車した時点で20:30頃になっていました。博多駅で購入しておいた駅弁を食べ終わるともう21時近くになり、明かりも暗くされました。しばらく車窓を眺めながら酒を飲んでいましたが、飲み干すとやることが無くなったので普段ならまだ宵の口ですが、寝ることにしました。
時間が早いのと慣れない寝台列車ということで、熟睡は出来ませんでした。途中広島や岡山あたりでも乗ってきた人もいたようです。

朝は名古屋から停車ですが50分以上の遅れは解消されません。遅れたので次の浜松では新幹線へ乗り継ぐことも可能になり、急ぐ人は乗り換えて行きました。
Dsc_1255EF66に引かれています

JR東海内の熱海までは普通列車につかえてしまいノロノロ運転になりさらに遅れが大きくなりました。機関士が居なくなり寝台列車を廃止したいJR東海は、寝台特急を速く走らせる気が無いようです。追い越し出来る駅はいくつもあるのに、普通列車が分割併合で停車していた一駅でしか追い抜きをしませんでした。
JR東日本管内に入ってからは先行の普通列車が少し待って追い抜きしましたが、結局東京駅着は1時間半ほどの遅れになりました。

Dsc_1259東京駅10番線に到着です
Dsc_1262このヘッドマークもいつまで見ることが出来るのか・・・。
Dsc_1263EF66が切り離されて上野方に引き上げました。
Dsc_1269Dsc_1270  9番線を通り反対側に連結されます。
Dsc_1272Dsc_1276 Dsc_1286 そして夕方まで品川でしばしの休息となります。

乗車感想
子供の頃から一度乗りたかったブルートレインにやっと乗ることが出来ました。学生時代は九州に行くのも青春18きっぷで、寝台特急なんて高嶺の花でした。就職してからはしばらく寝台列車には乗りにくい宮城県に住んでいて、そのころは鉄道を利用することもあまりありませんでした。200系やE1系MAXには時々乗りましたが。
正式な発表は無いとはいえ廃止が近いということで、途中停車した駅のホームや沿線では鉄道ファンがカメラを向ける姿が非常に多くありました。
実際乗ってみて列車の分割併合や終着駅の折り返しの手間を見ると、客車運行は面倒だというのが良く分かりました。サンライズ出雲などのように電車化すれば運行は楽なのでしょうが、交直流対応の電車を新製するのは難しいのでしょう(予算的に)。寝台列車は乗り心地的に客車が向いているといわれますが、電車と比べて変わりは無いように思えました。気動車は問題外ですが。
車両は外観、内装共にくたびれていて、 それを見てもこの列車の寿命が長くは無いというのが分かります。

なにはともわれ、大雨で運休にならずはやぶさに乗ることが出来て良かったです。廃止されてしまってもこれでとりあえず後悔することはありません。 もし車両がリニューアルされて存続、もしくは復活するようなことがあればまた是非乗りたいと思います。   

2008年9月 3日 (水)

はやぶさ乗車 その1

8/30(土)
前日は大雨の影響により上り下りとも運休したはやぶさ富士でしたが、この日は通常通りの運行でした。

今のはやぶさ富士では食堂車はおろか朝まで車内販売が無いので、乗る前に食料を準備しなければ食事にありつけません。コンビニと駅の売店で駅弁と酒、つまみを用意しました。

1733博多
Dsc_1199 ED76に引かれてはやぶさがホームに入ってきました。はやぶさ単独ヘッドマークは九州でしか見ることが出来ません。

明るいうちに車内を探検しました。
Dsc_1202_2貫通扉より機関車を見る。Dsc_1203乗車したB寝台。Dsc_1204乗りたかったB個室ソロ。Dsc_1205 A個室。Dsc_1206最後尾貫通扉より線路の眺め。

少し走ると、門司より併結する富士のガラスが割れて途中駅で停車しているという放送がありました。そのため少しスペースワールド駅で停車しました。Dsc_1209列車に乗るのが目的なので遅れること自体は私にとって問題は無かったのですが、日暮れが過ぎ門司駅での併結作業の写真を撮るのが難しくなってしまうのが心配でした。

この日は門司駅の5番ホームに入線しました。
Dsc_1214 まずここまで牽引してきたED76が連結を外し、待避線に引き上げます。Dsc_1219
次に関門トンネル通過用のEF81が連結されます。Dsc_1224_2そしてはやぶさ編成は一旦待避線に引き上げます。Dsc_1230  ホームから列車は去ってしまいました。よく分からず一旦車両から降りていた人のなかには、列車が行ってしまったと慌てていた人もいました。奥に常磐線の上野口では見られなくなった415系ステンレス車が停まっています。
Dsc_1229この日は富士が52分遅れましたが、通常ダイヤでも列車併結のため長時間止まるので、改札外の売店で食料を調達する最後のチャンスです。
Dsc_123452分遅れで富士が到着しました。あたりはもう真っ暗でISO感度を最大の1600まで上げてもまともな写真が撮れません。機関士さんに向けてフラッシュを焚いてはいけません。(新しいカメラと手振れ補正レンズが欲しい(^-^;)
はやぶさと同様にED76が外されます。Dsc_1236Dsc_1239
Dsc_1242Dsc_1244退避していたはやぶさが入線してきて連結されました。

Dsc_1248はやぶさの貫通扉から見たEF81です。

長くなったので後編に続きます 

 

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »