無料ブログはココログ

お気に入り

最近のトラックバック

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月30日 (日)

ふれあい鉄道フェスティバル

1週間たってしまいましたが、11/22に尾久駅で行われた第8回ふれあい鉄道フェスティバルに行ってきました。これまで生きてきて初めて尾久駅に降りました。

Dsc_1693 お召し列車としても使用されるE655なごみです。電車なのにディーゼルエンジンを積んでいます。この日も架線の無い車庫で展示されていたのでエンジンを動かして方向幕、車内照明などの電力を供給していました。
Dsc_1697 これまで見たことが無いクモロ オモローみたいです。

Dsc_1711旧型客車の台車は板バネです。

Dsc_1728カシオペアの予備電源車です。その他のカシオペア編成は大宮工場で全検中だそうです。

Dsc_1735車体ジャッキアップ実演です。このコーナーの司会のお兄さん(おじさん)はなかなかサービス精神豊かな方でした。

画像は乗せませんがこの他にも色々楽しめる展示があり、お子様、ヲタ、お年寄りなど沢山のお客さんがいました。お昼はレールに腰掛けながら米沢牛肉弁当をいただきました。

  Dsc_1753帰りは田端駅まで歩きましたが、結構距離がありました。ついでにJR貨物の機関車撮影。

来年も展示内容を調べて、面白そうだったらまた行きたいと思います。

2008年11月25日 (火)

ガンダム00 #08 無垢なる歪み

セカンドシーズンは毎回内容が濃くてお腹いっぱいです。

ティエリアはイノベイターの存在を全く知らなかったのですね。

コーラサワーは天然なまんまですね。

イアンが普通に軌道エレベーターで宇宙に上がっていました。リボンズ達には当然その行動は把握されていると思いますが、泳がされているのでしょう。

ルイスと刹那が会ってしまいました。この件は裟慈にどう伝わるのでしょうか?ファーストシーズン序盤では単なるにぎやかしに過ぎなかった2人がかなり重要なポジションになっています。

最後にまたサーシェスが登場しました。台詞からすると片方向の通信機能があるとしか思えません。

次週も目が離せません

2008年11月17日 (月)

ガンダム00 #07 再会と離別と

スミルノフ大佐、良い人だー!
かっこ良すぎです。
今後マリーはどうするのでしょうか?経緯から言ってソレスタルビーイングで戦うことは無いと思いますが、このストーリーはすごく練られているようなのでまだどうなるか分かりません。

サジがルイスと気がつかず手をかけることが無く一安心です。しかしこれもまだ今後の展開は分かりません。

ティエリアがリジェネの存在を知らない(ような感じ)は意外でした。

スメラギさんはアレルヤにちょっと気があったのかな?

2008年11月16日 (日)

きのこ出始めました

寒くなってきのこが発生し始めました

Dsc_1679_2 椎茸です

Dcf_0054 まだ小さいですがナメコ

その他ヒラタケも採れました

2008年11月 9日 (日)

ガンダム00 #06傷跡

前回の最後サーシェスと刹那は会話していたわけではなかったようです。
サーシェスの機体を刹那はガンダムと呼んでいましたが、どこで識別したのでしょう?まだガンダムエースなどでも情報が無い謎のMSです。

王留美が紅龍のことを兄と呼んでいたり、スメラギさんとマネキン大佐にも因縁がありそうで、さらに人間関係が複雑になってきました。

ラストのほうではサジがルイスに照準を合わせ、刹那がトランザムを発動、アレルヤはコクピット付近に攻撃を受けるという、昔のロボットアニメではありえない次回への引っ張り方です。来週も見逃せません。

2008年11月 7日 (金)

流鉄鉄道の日

書き込み順が前後しますが11/2に流山電鉄の鉄道の日というイベントに行ってきました。
流山電鉄には15年以上前に一度乗ったことがありますが、馬橋から流山まで全線乗ったかどうかは定かではありません。今回は終点の流山でイベントがあったので全線走破しました。

Dsc_1413 鉄道の日を記念してヘッドマークつきの車両が走っていました。

Dsc_14151面2線のホームの1線にイベント用車両を止めたままでした。ダイヤに余裕が有りすぎですね。中では古い写真や備品が展示されていたり、子供がプラレールを走らせたりしていました。

Dsc_1417検車区でもイベントが行われパンタグラフや信号機などの展示や即売会が行われていました。私も記念入場券のデットストックを購入しました。

派手なイベントではありませんでしたが、地元の子供達が多数来ておりほほえましかったです。流山電鉄はつくばエクスプレスの開通もあって経営は楽ではないでしょうが、頑張って欲しいです。

2008年11月 6日 (木)

入間航空祭

11/3文化の日、およそ20年ぶりに入間航空祭に行ってきました。

天気は雨は降りませんでしたが、一日中曇りで空が白く露出がほとんどアンダーになってしまいました。銀塩の頃だったらちゃんと露出補正していましたが、今は手を抜いてカメラ任せにしていたのがまずかったです。

ブルーインパルスの演技はもちろんすばらしかったのですが、輸送機のC-1の急旋回などは非常に迫力がありました。Dsc_1471
Dsc_1484めったに入れないC-1輸送機の中にも入ってきました。C-1は20年前から現役でした。

Dsc_1519ヘリからの隊員降下

Dsc_1554YS-11

Dsc_1462 Dsc_1546  F-15やF-4は大きくてかっこいいです

Dsc_1550米軍からは輸送機しか来ていませんでした。20年前は三沢からF-16が来ていたのですが...F-22は無理だとしてももうちょっと見栄えの良い機体を見たかったです。

Dsc_1510 20年前はF-16でしたが、今回はT-2支援戦闘機としてほぼ同じ機を見ることが出来ました。

ブルーインパルスは20年前まだT-2練習機の時代でした。T-4になってからはもてぎのインディで2回見たのですが、演目は限られていました。入間航空祭では離陸から着陸まで数多くの演目を見れたので、非常に満足しました。(ブルーインパルスJr.が無かったのはちょっと残念ですが)

Dsc_1497駐機中のブルーインパルス

Dsc_16516機編隊は美しいです

Dsc_1623見ているほうが怖くなってしまうような超接近や急上昇など、航空祭以外の一般イベントでは見られない演技飛行が見れました。そのような場面では観客は思わず感嘆したり拍手したりしていました。

Dsc_1667T-4は複座ですが、その機により1人だったり2人だったりするようです。

入間航空祭は一般に大きく宣伝されませんが、23万人の入場者があったようです。F1富士の倍くらいですが、敷地内に西武鉄道が通っていることもあり混乱は見られませんでした。しかし昼休みのトイレ1時間待ちには参りましたorzでも入場料無料(税金は払っていますが)なので我慢できる範囲です。今回は20年ぶりでしたが、撮影技術向上のためにも今後は毎年とはいかないまでも時々行きたいと思います。      

2008年11月 4日 (火)

ガンダム00 #5故国燃ゆ

「そのまさかよ」って、”聞こえてんのかい”と突っ込みを入れたくなってしまいます。

毎回話が重すぎです。アロウズはピーリスやブシドーのように内部にもそのやり方に不満を持つ者がいるのでそのうち崩壊すると思います。と言ってもそれはZのティターンズやWのOZのようにガンダムのストーリーではありがちなことです。そういえばオートマトンというのもF91のバグのようですね。ただこれまでのガンダムの焼き直しのようですが、半年空けた効果もあってか内容が濃いです。まだまだこれからも毎週見所があるような気がします。

マリナ、サジは今後どうするのだろう?

最終戦 ブラジルGP

なんて言ったら良いんでしょう?”波乱”という一言では著せないレース結果、チャンピオンシップの結果となりました。

月曜が祝日だったのですが、夜更かしできなくて生では見れずニュースを自分でシャットしながら録画したものを見ました。

フォーメーション前の雨でどんな混乱になるのかと思いましたが、中盤まではマッサが勝ってもハミルトンがシリーズチャンピオンとなるのかと思いました。しかし終盤の雨でマッサが逆転優勝かと皆が思いましたが、結局最後の最後でハミルトンの総合優勝が決まりました。

マッサの優勝インタビューは立派だったと思います。ハミルトンとどちらがチャンピオンとなっても良かったと思います。ただシューマッハやアロンソのような強さが今年の争いには見えませんでした。強さはやはりアロンソから感じました。来シーズンはアロンソの絡んだチャンピオンシップ争いを見てみたいものです。

Dsc_1676ジョニ黒のマクラーレンリミテッドエディションです。ハミルトンのチャンピオン決定前の日曜昼過ぎに買いましたが、暗示だったのでしょうか?

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »