無料ブログはココログ

お気に入り

最近のトラックバック

« ガンダム00 #11 ダブルオーの声 | トップページ | きのこ近況 »

2008年12月20日 (土)

ホンダ スズキ スバル

ホンダのF1撤退についてコメントを書きあぐねていたらスズキ、スバルのWRC撤退も決まってしまいました。

ホンダF1チームの体たらくを見ると、この不況は撤退の良い理由になった気もします。ロス・ブラウン加入の効果が出る前に終わってしまうのは少し残念です。彼の状況はホンダが第3期F1活動を始める際のハーベイ・ポストレスウェイト博士を思い出させます。もしあの時BARと組まずに独自参戦していたら現状は違っていたかもしれません。
↓今宮さんが本音を語っています
http://www.f1world.jp/news/08.html

F1が好きでホンダを応援しようと思っても、現行のミニバンばかりのラインナップでは買いやすい車種が無かったのはファンとしては問題です。第2期の頃にはスポーティーなシビック、インテグラ、プレリュードなどF1が好きな若者が購入しやすいクルマがありました。しかし今のS2000、TYPE-Rはライトなファンには手が出ません。マーケティング面から言うと今の時代にはそういう車が売れないというのは分かりますが、ホンダには廉価なスポーティーカー提供してもらいたかったという気もします。少し購入を考えていたFIT RSですが、多分買わないでしょう。

スバル=WRC=インプレッサという図式がモータースポーツファンにはあったと思うので、この撤退は寂しい限りです。ただ現行型レガシィはこれまでの年式のものより街で見る機会は少なく、インプレッサも2代目以降はあまり見ません。今回の不況が無くてもこの状況ではWRCからの撤退は考えられたかもしれません。街であまり見かけなくなった原因は3ナンバー化のような気がしますがどうでしょうか?税金は変わらなくとも日本で普段乗り回すには5ナンバーが使いやすいと思います。現行インプレッサも5ナンバーだったらもっと売れるような気がします。

スズキは1年で撤退ということでWRCのイメージが定着する前に終わってしまい残念です。SWIFT SPORTSなんかは小型でスポーティーな車ということで人気が出たかもしれません。

今のところ日本メーカーの撤退しか出てきていませんが、財政支援を受ければフォードはレースを行っている場合ではないでしょうし、ゴーン社長のルノーも英断を下すかもしれません。トヨタの急展開だって無いとは言い切れません。F1では今コストダウンが叫ばれていますが、ワークスチームの撤退によりそれが自然になされるかもしれません。そうするとDFV全盛時代のようにワークスチーム(フェラーリは残るでしょうが予算は減るはず)とプライベーターの差が縮まり面白いレースになるかもしれません。ただDFVのようなエンジンを何処が提供するかが問題ですが...2009年はF1及びモータースポーツ界にとって大きな転機になるかも知れませんので注目してみていきたいと思います。

« ガンダム00 #11 ダブルオーの声 | トップページ | きのこ近況 »

コメント

スバル撤退は知らんかった。
まあトヨタ資本が入った時点でスバルに未来は無いが。
モタスポも氷河期到来ですな。
俺も自動車業界に残っていたら今ごろは…

>トライアルやろうさま
コメントありがとうございます
現行のインプレッサがトヨタの影響が無い最後のモデルになると思うので、ちょっと購入考えてます。(STIは街乗りしにくそうなので一般モデル)
今乗ってるB4は相当クラッチがやばくなってますが、この前バッテリーがだめになってスタンドの在庫の関係で高性能タイプに変えたばかりなので、買い替え時期をかなり悩んでいます。

個人的には赤帽仕様のサンバーバン4WDが欲しい。
シリンダーヘッドが赤塗装でテスタロッサ風。
ヴィヴィオのTトップやR1も欲しい
って全部軽やないかーい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107347/43470882

この記事へのトラックバック一覧です: ホンダ スズキ スバル:

« ガンダム00 #11 ダブルオーの声 | トップページ | きのこ近況 »