無料ブログはココログ

お気に入り

最近のトラックバック

« 久しぶりのスキー | トップページ | コサキン終了 »

2009年2月10日 (火)

ガンダム00 #18 交錯する想い

予想通りアロウズの悪行は民衆には情報統制により広まることはありませんでした。

スミルノフ大佐の死を機にマリーはソーマ・ピーリスの人格に戻りましたが、ソレスタルビーイングと共に行動しているということは基本的にマリーとしての記憶もあるように思います。アレルヤを気遣ってソーマとしてふるまっているのでしょう。

ライルとアニューがいつの間にかできていました。アニューはイノベイターとしての自覚は無いようです。ティエリアも気づいていないのでしょうか?

マネキン大佐は何処へ行ったのでしょうか?コナソ君は”ご飯!、ご飯!”とはしゃいでいましたが・・・無事だったの?

« 久しぶりのスキー | トップページ | コサキン終了 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107347/44021449

この記事へのトラックバック一覧です: ガンダム00 #18 交錯する想い:

» 機動戦士ガンダムOOセカンドシーズン第18話「交錯する想い」 [アニメのストーリーと感想]
 ハーキュリー率いるクーデター部隊が、占拠したアフリカタワー低軌道ステーションに向けてメメントモリのレーザー攻撃が始まろうとしていた。連邦による支配体制を構築するには、市民も反政府勢力とみなし抹殺する。ハーキュリーは、市民は巻き込まないと推測した自分の甘さ... [続きを読む]

« 久しぶりのスキー | トップページ | コサキン終了 »