無料ブログはココログ

お気に入り

最近のトラックバック

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月31日 (日)

HGUCシナンジュ

もうすぐエピソード2が発売になるガンダムユニコーンから、シャアの再来フルフロンタルの乗機シナンジュです。

Dsc_3395

MGはちょっと手が出ませんでした。HGUCでもかなりのボリュームです。色、シルエットはサザビーの印象がありますが、頭部や構造はガンダムっぽいです。ネオジオン残党に強奪された機体ということなので当然ですね。

HGUCのユニコーンガンダムは持っていないのですが、欲しくなります。

買っちゃった

CP+で発表されてからずっと気になっていたタムロンSP70-300mm F/4-5.6 Di VC USD【A005】が夏に発売されました。いろいろなところで評価を見ながら買うかどうか悩んでいたのですが、雑誌月刊カメラマンでライバルたちとの比較の特集記事があり、ダントツの性能ということだったのでもう迷わず買ってしまいました。

Dsc_3353通販で安いところはいろいろあったのですが、ポイントが結構たまっていたので、ヨドバシで購入しました。
11/3の入間航空祭でデビュー予定。(晴れますようにsun

2010年10月25日 (月)

2010韓国GP

レッドブルにとっては悲劇的なレースでした。
アロンソの優勝は流石でした。

F1でこんな暗い表彰台は(ナイトレースを除いて)初めて見ました。国内の耐久なら有りますが、TV中継じゃなくサーキットで。

序盤は雨の富士を思い出すSC先導の大雨のレースでした。赤旗をはさみ日没タイムアップになってしまうのではないかと思われましたが、規定周回を終えました。ドライバーの方々は大変だったと思います。

残り2レースでチャンピオンシップ争いがいよいよ分からなくなってきました。目が離せません。

2010年10月22日 (金)

また買ってもうた

Dsc_3346

シャア専用カップヌードル。今回は3倍じゃないチリトマト。

Dsc_3349おまけ(メイン?)のシャアザクです。動力パイプなどの細かいモール度がすごいです。レーザー加工でしょうか?

もう1つの赤いチーズチリトマトシャア専用ゲルググは、もう買えないと思います。

2010年10月17日 (日)

アイルトン・セナ音速の彼方へ

アイルトン・セナ音速の彼方へを見に行きました。公開から1週間過ぎていましたが非常に混んでいて1時間前で2列目の一番端の席になってしまいました。

ネタバレになってしまうかもしれませんが、ドキュメントなので詳細なことも書きます。
古い映像は画像が荒く大画面で見るのはきつかったです。ただ新しいとは言っても1994年のTV用画像なのできれいとは言えなかったです。でも劇場で見てよかったのはV12エンジンのサウンドでした。
ストーリーはF1デビューから時系列に出来事を並べて行くかたちでした。しかし中嶋さんとチームメイトだったロータスホンダ時代はスルーされ、第2期ホンダF1撤退に関するエピソードもありませんでした。
新人トールマン時代のモナコGPの活躍、2年目ロータスでの初優勝といった弱小チームからデビューした経歴というのは今の選手で言うと、アロンソ、ベッテルが近いのではないかと思います。可夢偉もそうなるとうれしいですね。
中盤はセナとプロスト、バレストル会長との対立がメインでフランス人2人は悪人のように描かれていました。1989年鈴鹿シケインの接触は今ならプロストが進路を空けていなかったという裁定になるのではないかと思います。1990年鈴鹿1コーナーは劇中では明確に触れられていませんでしたが、セナの故意でしょう。プロストは物語の最後でセナと握手をしたり葬儀に参加したり悪人のイメージは覆されました。アイルトン・セナ財団の管財人にもなっているということです。
1994年サンマリノの事故は結果も分かっていて16年も前の出来事だというのに、こみ上げてくるものがありました。今のマシンレギュレーションなら死ななかったのかもと思いつつ、セナの死があったからこそ今のレギュレーションになったとのではという複雑な思いです。そしてその時チームメイトだったデイモン・ヒルがくじけずに後にチャンピオンになったのは賞賛できると思います。
新作映像は無かったのですが、ブルーノ・セナがもっと活躍すれば新たなる記念作品が作れるのではないでしょうか。現状では難しいでしょうね。
予告編では川井ちゃんがちょろっと出演していましたが、本編ではもっと出ています。あれは日本ヴァージョンなのでしょうか?全世界で公開されるとしたらすごいことです。

最後に感想
セナ生誕50周年記念ということで生きていれば50歳、亜久里さんと同い年です。シューマッハとどう戦ったのか?プロストなどの様に自分のチームを立ち上げたのか、もしセナが生きているパラレルワールドがあれば見てみたいです。
34歳で天に召されたセナ、31歳で暗殺された龍馬、それより長く生きてしまってすみません・・・。

2010年10月13日 (水)

静岡ガンダムグッズ ラスト

Dsc_3339東静岡で買ってきた最後に残ったガンプラHG 1/144 RX-78-2 GUNDAM Ver.G30th RG1/1GUNDAM PROJECTです。ここのところOO劇場版のバックパックの巨大なキットばかり組み立てていたので、製作が比較的楽に感じました。

Dsc_3341RG(右)とほとんど同じマーキングシールが付属しているのでパネルの色わけ以外は遜色ありません。

Dsc_3343夢のお台場ガンダムとの競演!マーキングシールの有無でだいぶイメージが違います。またトップコートを静岡ver.は半光沢、お台場ver.は光沢としたのですが、半光沢のほうがリアルみたいです。

以前予想したとおりメガサイズガンダムの静岡バージョンが発売されるようです。流石に購入するつもりはありません。 メガサイズシャアザクは買っちゃうかも?

2010年10月11日 (月)

HGガンダムハルート

Dsc_3325発売はガンダムハルートのほうがラファエルより早かったのですが、組み立ては後回しになってしまいました。

Dsc_3328飛行形態。これまでのアレルヤ搭乗機の中でもよくまとまったフォルムだと思います。

Dsc_3333劇場版登場新ガンダム勢揃い。実際はラファエルとダブルオークアンタは同時に登場しません。

おまけ

ダブルオーライザー(粒子貯蔵タンク型)
Dsc_3335
GNドライブのパーツが粒子貯蔵タンクに変更になっているのと、オーライザーのキャノピー風の透明パーツの成型色が変わっているだけです。

2010年10月10日 (日)

2010日本GP

可夢偉すごい!!
でも地上波は小林ばかりでちょっとうんざり。トップ3の記者会見を放送しないのってどうよ?

雨のせいで予選延期という不確定要素はありましたが、レッドブルが圧倒的に早いという予想通りの結果でした。しかしチャンピオンシップは上位5人が順当にポイントを獲得したのでまだ分かりません。
シューマッハが久しぶりに良いところを見せてくれた気がします。

可夢偉の話題に戻りますが、接触は審議対象にならなかったのかな?レーシングアクシデントということですかね?来期はザウバーとの契約が決まってますけど、上位チームに引き抜いて欲しいと切に思います

次戦韓国GPは開催されるか否かが一番の注目ポイントですねsmile

2010年10月 5日 (火)

HGUCデルタプラス

Dsc_3321百式は好きなモビルスーツなのでこのシルエットは好きです。

Dsc_3322ウェーブライダー形態

Dsc_3323差し替え変形なのでパーツがかなり余りますが、HGUC Zガンダムよりは少ないかな?

2010年10月 3日 (日)

HGラファエルガンダム

発売順が前後してしまいますがガンダムハルートより先にラファエルガンダムを作りました。

Dsc_3317重心が高いですがGNバズーカが支えになって立たせやすいです。

劇場版公開後に発売されたのは、ネタバレになってしまうのでうなずけます。

Dsc_3318明らかにガンダムに変形するのが分かる武装。しかしこのキットでは変形しません。
HGセラヴィーガンダムの後からバックパックに変形可能なHGセラフィムガンダムが発売されたパターンのやつや!惚れてまうやろーΣ( ̄ロ ̄lll)
ちょっと違いますね。でも近いうちにHGセラヴィーガンダムIIが発売になるのは間違いないでしょう。

Dsc_3319GNクロー展開状態

マイタケ

今年は猛暑のせいで舞茸の発生時期が遅れたり出ないのではないかと心配したのですが、例年通りの時期に発生しました。ここのところの雨と気温低下のおかげだと思います。

Dsc_3312今シーズンは新しい原木を埋めなかったので小ぶりです。

原木マイタケホダ木

原木マイタケホダ木

価格:1,134円(税込、送料別)

2010年10月 1日 (金)

シャア専用カップヌードル

カップヌードルとしては高いので手を出すのをためらっていましたが、イオンお客様感謝デーに買ってしまいました。

Dsc_3310

1/380ズゴックが付いてます。
他に3倍じゃないチリトマトと、チーズ入りチリトマトがあるみたいですけど、買うかどうかは分かりません。( ^ω^ )

追記

Dsc_3324プラモデルはこの大きさなのでそれなりです。

3倍辛いということですが、たいしたこと無かったです。

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »