無料ブログはココログ

お気に入り

最近のトラックバック

« D7000 | トップページ | シナンジュヘッドディスプレイ »

2010年12月 5日 (日)

猛暑の影響?

今年は今のところなめこが全然発生していません。
Dsc_4405
猛暑の影響でしょうか?

しいたけはよく出てきています。
Dsc_4403_3Dsc_4404

なめこ種駒100個

なめこ種駒100個

価格:504円(税込、送料別)

しいたけ種駒400個

しいたけ種駒400個

価格:1,753円(税込、送料別)

« D7000 | トップページ | シナンジュヘッドディスプレイ »

コメント

確かに今年の夏の暑過ぎと少雨のせいかも知れません。しかし自分は埼玉県の入間市に住んいますが11月中旬〜下旬にかけてナメコが猛烈に発生しました(汗) 直径15cm位長さ90cmのサクラ原木で30本ほど栽培していますが合計100株ほど収穫できました。親戚や会社の人にお裾分けして さらに知人に頼んで直売までしてもらってやっとでさばきました(苦笑) 自分の栽培の仕方は少し違ってて詳しい参考書を手本にクリタケ栽培の様に榾木をほぼ完全に土中に埋めてます。しかし植菌した年は半分位出してナメコ菌が蔓延するのに必要な酸素を与える為通気を良くしています。そしてハシリきのこが発生したあと冬になったら榾木を掘り起こし土中に面していた方を上に向けて完全に埋め込んでいます。こうする事によって梅雨時から夏にかけての高温や蒸れを防ぎ 冬場の乾燥の影響も受けずナメコ菌が強いまま本格発生を迎える事ができます。まさにナメコの天然の発生産地の東北地方高原地帯に近い環境を送る事ができます。自分もいままでは種菌メーカーの取扱い説明書通りに行っていましたがイマイチ発生が悪く茎と傘は大きいけど枝分かれ本数は少ないという感じで三割ほどの榾木からは発生もしなくて良い榾木もせいぜい二回も発生をしたら腐ってしまう感じでした。知人の人もナメコ栽培は失敗する関東平野では無理だよと言っていましたがでもどうしても諦めきれずこの栽培の仕方でやってみたらやっと大成功しました。この栽培だと夏場の天候にもあまり左右されません 10月中旬頃になったら夕刻か夜になったら毎日雨の日以外たっぷり水を撒いてあげると11月に入った頃から次々と発生して 一気に集中発生をします。そして12月になったら嘘みたいにまったく発生しません ナメコもしいたけ栽培の様に雨や寒さの刺激を与えない抑制栽培をすればゆっくり長く収穫が楽しめるかも知れません(笑) いままでの栽培の収穫量が1だとすれば 10くらいの勢いです! また株もやや茎や傘は小さくなりますが大体20本くらいに枝分かれして大きさは直径30cmにも達する物もあってまさに見事でした!! 地面一帯がオレンジ色の傘に埋め尽くされ綺麗で足の踏み場もありませんでした(汗) 文章が長くなってすいませんでした(苦笑) でも一人でも多くの人にこの喜びを知ってもらいたいです ちなみに原木を20cm位に短く切って種駒を冬〜春にかけて打ち込めば年内の秋11月には本格発生をしますよ(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107347/50217991

この記事へのトラックバック一覧です: 猛暑の影響?:

« D7000 | トップページ | シナンジュヘッドディスプレイ »